JAグループ栃木

「農林水産業・地域の活力創造プラン」とJA自己改革の取組み

 JAグループは、「食と農を基軸として地域に根ざした協同組合」として、農業者の所得増大、農業生産の拡大、地域の活性化を実現するため自己改革に取り組んでいます。その概要を分かりやすく説明した動画ですのでご覧ください。

JAの活動報告書2018

 栃木県内におけるJAの自己改革の取り組みを掲載しています。

Contents

  1. 「農業者の所得増大」「農業生産の拡大」に向けた取り組み
    1. 営農振興・担い手育成積立金による生産者支援(JAうつのみや)
    2. ドローン利用者拡大に向けて(JAかみつが JAかみつがサービス(株))
    3. 販売営業グループによる販売力強化(JAはが野)
    4. 徹底した肥料価格の引き下げ(JAはが野)
    5. 米買取販売の新規取り組みと農家手取りの最大化(JAしもつけ)
    6. 新技術の導入によるトマトの生産性向上(JAおやま)
    7. 農産物のインターネット販売(JA佐野)
    8. 農家の雇用労働力確保をお手伝い(JA佐野・JA足利)
    9. 新規就農を目指す若者を応援(JAしおのや(株)グリーンさくら)
    10. サテライト方式によるRC・CE運営の効率化(JAなすの)
    11. 高機能梨予冷庫を活用した輸出拡大(JAなす南)
    12. 高密度播種移植栽培の取り組み(JA全農とちぎ)
  2. 地域の活性化への貢献
    1. 地方公共団体との連携強化(JAグループ栃木)
    2. 准組合員に対する情報発信(JAうつのみや)
    3. 楽しい給食で地産地消を推進(JAかみつが)
    4. デイサービス利用者に元気と癒しを(JAはが野)
    5. ポイントカードで農業振興に貢献(JAしもつけ)
    6. 給食を通じて地元農業を理解(JAおやま)
    7. 移動店舗車の活用で高齢者の生活を支援(JA佐野)
    8. ペット葬で供養を(JA足利)
    9. 児童・生徒に地元のいちごを贈呈(JAしおのや)
    10. 農福連携の取り組み(JAなすのアグリサポート)
    11. ウオーキング大会の開催(JAなす南)
  3. その他
    1. 組合員との対話活動(JAグループ栃木)
    2. 総合事業だからできる「担い手応援隊」(JAかみつが)